あなたの年金大丈夫?年金問題を簡単に解説!

おはようございます。

星野です。

 

連日、ニュースや新聞などで「年金問題」が話題となっております。

わたしたちが汗水流して働いたお金の一部を、老後も安心だと信じて年金を納めていました。

 

2007年に起きた消えた年金問題!

みなさんも記憶に新しいのではないでしょうか。

 

当時の社会保険庁へ年金として納めていたお金が・・消えた!?

誰の年金かわからない件数が、なんと5,000万件もあったそうです!

 

この問題をうけ、2010年特殊法人として日本年金機構へ生まれ変わりました。

これで問題解決へ動き出し、消えた年金も整理されると、ほっと一安心♪

 

・・・ではなかったのです!

 

社会保険庁は国の管轄でしたが、日本年金機構は法人であるためコスト削減を優先するようになったようです。最低価格競争の落札方式へ変わり、能力が低い業者へ作業を発注する悪循環になりました。

 

ニュースで話題の委託業者「SAY企画」(東京都豊島区)は、約800人規模を予定していたのにもかかわらず、実際は約130人で対応していたことが判明しています。

 

しかし、暗いニュースばかりではありません!

若手官僚が「改革プロジェクト」と題して、組織から変えていこうと取り組んでいるそうです。

 

[結論]

現場の入力ミスをなくせ!

ではなく、日本の古い組織から改革することが必要!

ただ、日本の古い体制を変えるのには一筋縄ではいかないのが現実。

 

わたしたちは今から自分の将来に向け、日本の問題を見て見ぬふりをするのではなく、まず気付き、人生を築く必要があるのではないでしょうか。

 

r25.jp