三日坊主の原因は意志が弱いからではなかった!脳神経外科が教える解決策!

おはようございます。

 

星野です。

 

「よし!ダイエットを始めるぞ!」「夏に向けて毎日筋トレするぞ!」と決めて、一週間も経たないうちに辞めてしまった経験はありませんか?

 

俗にいう・・・三日坊主という現象です。

 

今回は三日坊主の原因と対処法を脳神経外科の医者である菅原氏が解明している記事を読んで、誰でもすぐ実践できる内容でしたのでご紹介します。

続かない原因は「決意が弱い」ではなかった!脳はもともとサボり魔

 

人間は本能的に「生きるため」に、省エネでいるようにしているそうです。つらいことはしたくない!ラクしたい!と願うのは、決意が弱いからだと自分を攻める必要はありません。本能ということをまず知ることから始めましょう。

 

結論!解決策は「楽しい!」という感情!!

 

みなさんにお聞きしたいのですが、逆に三日坊主にならず長続きしていることはありますか?例えば趣味や習い事、彼氏や彼女との交際など、何かしらあると思います。

 

では、長続きしていることと三日坊主になるものは何が違うのか?それは「楽しい!」という感情があるかどうかです。※神経伝達物質ドーパミン」が影響しているとのこと

 

「三日坊主になるということは、楽しいことばかりじゃないからだよ」って声が聞こえてきました。笑

 

【格言】

「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ」ウィリアム・ジェームズ

脳をだまして、楽しいと思うことが大事だと脳神経外科の菅原氏は言っています。だましたらだましただけお得だということです。

 

具体的に楽しく笑うコツは、記事のURLを添付しますのでご覧ください。

 

次回は「三日坊主を打破する目標設定について」ご紹介します。

お楽しみに!

 

r25.jp