気になる東京オリンピックの選手の食事!人種や宗教の違いをどう対応するのか

おはようございます。

星野です。

 

東京オリンピックが開催されることで、日本人の活躍と世界各国のトップレベルの戦いにワクワク胸を躍らせている人は多いのではないでしょうか。

一つ疑問が浮かびました。世界各国からトップアスリートが来日するということは、食事面のバランスは問題ないのか?そもそも食べるものが日本人とは違うはず、宗教の関係で食べられない食材もあるはずです。さらに食材によってはドーピングとして意図せず引っかかる可能性もあります。素朴な疑問を公式HPで調べてみました!

 

なんと!2017年3月から飲食戦略検討委員が開かれて検討されていた!
選手村や約40箇所の競技場で24時間体制で提供される食事について、選手の栄養管理」「食品の安全衛生」「環境への配慮」「多様性と調和」「食文化等情報発信・エンゲージメント」の面から万全の状態で迎えられるように専門家を中心に検討されていました。

日本の国民の期待を背負って、東京オリンピックを大成功させるために陰で動いてくれている人がいることを忘れてはいけません。情報が多岐にわたり膨大なため、正確な情報を知りたい方は、下記URLをご覧ください。

日本国民の全員が力を合わせて、東京オリンピックを大成功させましょう!

 

https://tokyo2020.org/jp/games/food/strategy/data/Basic-Strategy-JP.pdf

https://tokyo2020.org/jp/games/food/strategy/data/Basic-Strategy-Overview.pdf