注目!アンバサダーマーケティングとは!?徹底解剖!

おはようございます。


星野です。

「アンバサダーマーケティング」が近年、注目を集めています。自社の商品やサービスを使用している一部のファンがSNSなどを活用し、口コミで拡散していくマーケティングです。熱量のあるファンが身近な人へ口コミで伝えていくため、信頼度が高く継続的な売上につながるという仕組みです。

幅広い拡散力より信頼度を重視!小さなコミュニティへ

似ているマーケティング手法に「インフルエンサーマーケティング」があります。多くのファンを抱えているYouTuberやInstagramerなどのインフルエンサーが、企業の商品やサービスを発信することで多くの人へPRできる仕組みです。「アンバサダーマーケティング」との違いは、量より質にあります。多くの人へ拡散ではなく、必要な人へ熱量をもって商品やサービスをオススメできる点にメリットがあります。


アンバサダーを活用するメリットを大公開!

アンバサダーを活用するメリットを紹介します。

ハッシュタグやタグ付け投稿により効果的な人へPRできる
アンバサダーが日々、SNSハッシュタグやタグ付け投稿を行うことで、求めている人へピンポイントに情報を展開できます。

②アンケートなどで的確なフィードバックを受けられる
アンバサダーは商品やサービスに熱狂的な人が多いため、本音の意見を吸い上げやすくなります。一般的なアンケートでは回収率が低く、本質を答えていない場合が多くあります。

③自社のHPやSNS流入が増加する
アンバサダーの口コミやレビューを見た人が、企業の信頼性を確かめる目的と商品やサービスの正しい情報を得ようとHPやSNSを確認します。結果的に企業側が宣伝したい情報 を効果的にアピールできます。

20代~50代の90%以上が、商品の購入前にインターネットの口コミやレビューを見ている研究結果が出ています。また、友人や家族、同僚などの身近にいる人からの口コミで商品の購入を決めている人が多いこともわかっています。ネットとリアルを活用した「アンバサダーマーケティング」の活用は今後ますます広がっていくと予想されます。