話題!携帯大手「もうけ過ぎ」!?今の4割下がるかも?

おはようございます。


星野です。

大手携帯会社3社に対して「もうけ過ぎ」だと話題になっています。総務省の家計調査では家電支出は下がっている一方、携帯電話通信料は上がっていることを政府は指摘しており今後検討される予定です。


「2年縛り」「4年縛り」の契約方法を見直す動き!

大手のソフトバンクは、「縛り」といわれる年間契約を見直すと発表しました。例えば2年縛りであれば途中解約する場合、解約費用が取られるため消費者は同じ携帯会社を2年間使用し続けることになります。「縛り」は、法律違反だという意見もあるなか、さまざまな意見交換や検討がされています。
時代の進化とともに、デバイスも変わりました。世の中にあった製品とビジネスモデルは常に変化を遂げています。


今後の課題は「SIMロック解除」や中古品の流通

SIMロックとは、携帯会社が販売した端末を他社の回線で使用できない設定のことを言います。つまり、他社へ利用者が流出しないようにするための方法であり、不満がでているのは事実です。最近はSIMフリーの端末が人気がでており、大手携帯会社の動きが注目されています。また、中古品の販売も課題となっており、SIMロックされていると回収業者に売れないという事態になっています。

人々の生活に無くてはならない端末になりました。今後の政府と大手通信会社の対応に注目が集まりそうです。

 

www.jiji.com