今後は「バーチャルユーチューバー」が流行する!?企業が熱視線!

おはようございます。
星野です。


今回は「V Tuber(バーチャルユーチューバー)」が話題になっていますので紹介します。YouTubeを使って動画配信をする人を「YouTuber(ユーチューバー)」といいます。聞いたことがある人や動画を見たことがある人は多いのではないでしょうか。将来は「バーチャル」つまり、AIがYouTuberになる時代が主流になるかもしれません。

 

2016年 AIのYouTuberが誕生していた!ファンは210万人越え
A.I.Channel」のキズナアイは、2016年AIのYouTuberとして誕生し多くのファンを獲得しています。世界中の人から支持されている人気V Tuberです。実際、動画を見た感想は「これはすごい!日本のみならず、世界で人気が出る理由がわかる!」と思いました。

 

niconico(ニコニコ)を運営するドワンゴVTuber事業の新会社を7月末に立ち上げ!

大手芸能事務所のワタナベエンターテインメントドワンゴが共同で立ち上げた会社に、VTuberを所属させプロデュースする事業を開始させたとニュースになりました。今後はAIの技術がさらに発展していくとは間違いないでしょう。

TVが主流だった時代から、誰でも動画配信できる時代へ大きく変わり、今後は「人」ではなく「AI」が情報発信していく時代へ変わりつつあります。少子高齢化社会の影響で、労働者が足りないと言われていますが、AIの発展により働きたくても働く場所がないなどの状況になりかねません。
AIの発展により、これからの日本そして世界は大きく変わることが予想されます。

www.sankeibiz.jp